笑顔の女性
ダイエット薬

オルオルリスタットを含んでいる肥満治療薬としてゼニカルがありますが、この薬の特徴としては食事を摂った脂肪分の30%を体外に排出させてくれる効果があります。
最近、太ってきたけどなかなか痩せられない・食事制限は苦痛と感じる方はゼニカルでスリムボディを手に入れましょう。
オルリスタットの効果を高めたいならば、リパーゼが分泌されるタイミングに合わせて摂取すると良いです。
リパーゼは膵臓から分泌される脂肪分解酵素で、脂肪を脂肪酸とグリセリンに加水分解(水と反応して分解)する作用があります。
オルリスタットは、このリパーゼの働きをきかなくさせることで、小腸で脂肪が吸収出来なくさせるのが目的です。
つまり、リパーゼの分泌が高まるタイミングを狙って服用すると、高い効果が得られるということです。

飲むタイミングは、食事中か食後30分以内です。
長い時間食事を摂る場合には、食事中に飲んでおいたほうが良いでしょう。
食前に飲んでもリパーゼが分泌されていない時に作用してしまうため、効果が落ちてしまいます。

オルリスタットを成分としたゼニカルはあくまで脂肪の吸収を抑える薬ですから、炭水化物をたくさん摂取する食事には不向きです。
ダイエット効果を高めたいならば、たんぱく質と脂質がメインの食事にすると良いでしょう。
例えば、肉、魚、卵、チーズ、などは糖質が少ないので、オルリスタット向きです。
野菜も積極的に摂取したほうが良いですが、じゃがいも、かぼちゃ、ごぼう、さつまいも、などの野菜は糖質量が多めなので、控えるようにしましょう。
レタス、小松菜、ほうれん草、ピーマン、きゅうり、もやし、などはおすすめの野菜です。

果物に関しては、糖質制限を徹底させたいのならば食べないほうが良いです。
糖質制限ダイエットというのも存在しているくらいですから糖質はダイエットの天敵と言えるのです。
アボカドは唯一糖質の少ない果物ですが、あまりデザート用の果物としては使えないのが弱点です。

さらに効果を高めたいのならば、脂肪燃焼効果のあるプーアル茶や黒烏龍茶、なども取り入れてみると良いです。
ハーブティーにはリラックス作用があるので、ダイエット中のイライラを緩和させてくれます。

記事一覧

10kg分の脂肪分を落とすには、9,000(kcal)×10(kg)=90,000kcalの消費が必...

炭水化物は、小腸に入ると最終的にはブドウ糖になります。 砂糖などの甘いものだけがブドウ糖だと思ってい...

オルリスタットを服用する方は、無理をしない範囲でその他のダイエット法も並行したいものです。 オルリス...

オルリスタットは、食べた脂肪分のカロリーの30%を未吸収で体外に排出してくれるので、こってりしたもの...

オルリスタットを成分としたゼニカルは食べたことをなかったことにしてくれる薬、として注目されていますが...

オルリスタットを成分としたゼニカルジェネリックであるオベリットの副作用として、肌荒れが起こることがあ...