笑顔の女性
  • ホーム
  • オルリスタットでダイエット・鍋で美味しく痩せる方法

オルリスタットでダイエット・鍋で美味しく痩せる方法

食べ物と女性

オルリスタットは、食べた脂肪分のカロリーの30%を未吸収で体外に排出してくれるので、こってりしたものを食べ過ぎてしまった時のサポート役として使うことが出来ます。

肥満治療薬には、食欲抑制型、栄養吸収阻害型、燃焼型、などがあります。
オルリスタットはこのうちの栄養吸収阻害型の治療薬です。
食欲抑制型の治療薬はダイエット効果は高いのですが、脳の摂食中枢(視床下部)に作用するため、副作用が不安視されています。
医師の管理のもと使うことが重要で、自己判断で使ってしまうと命が危険にさらされることもあります。

それに対して、オルリスタットは膵臓の脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑えることで、体が脂肪を吸収できるサイズになるのを防いで排出させるので、副作用はほとんど心配ないと言われています。
薬の性質上、強制的に消化不良を起こさせるので下痢や悪心などが起こることもありますが、食欲抑制型に比べると安全に使うことが出来ます。
罪悪感なく食事をさせてくれるサポート役としても活躍してくれるでしょう。

他にダイエットをサポートしてくれるものとしては、鍋が良いです。
鍋と言っても、水炊きのさっぱりした鍋です。
汁を楽しむというよりも、具をメインに食べる感じで使うと良いです。

鍋に入れる食材は、野菜、肉、魚、をメインにします。
最後のしめでうどんやご飯を入れたいという人もいるかもしれませんが、ダイエットには不向きです。
野菜、肉、魚はインスリンの分泌に影響しないので脂肪になりにくいですが、炭水化物類はインスリンを上昇させて脂肪細胞を大きくさせてしまう原因になるので、ダイエット中は避けましょう。
水炊きで具材の出汁だけで食べても良いですが、味が薄すぎて満足感が感じられないならば、ポン酢などで食べても良いです。

人気記事一覧
アーカイブ